カーペット折返し施工 置き敷き

カーペットは減ってしまって需要があまり無いように思えますが

近年徐々に復活してきています。やっぱりカーペットでの足触りや温かみは

気持ち良いですよね(^_^)

この度のカーペット工事は敷き替えなのですが元請けさんから現場を見てほしい

とのことで打ち合わせに行きましたが、普段なら部屋の大きさとフェルトグリッパー

での施工か直貼りかを聞く程度で現地にはあまり行かないのですが(工務店さんや

元請けさんがおられる場合)現場を見てなるほどです。僕もほぼ見たことが無い

折返し施工のカーペットでしたびっくりちょっといつもと違うでしょとのこと。

ほんまですね~(笑)

一昔前の凝った家やホテルなどで良く施工したとか。今では施工出来る職人さんが

あまりいないです号泣

003 005

原状復旧なので既存同等品で同じ施工法になります。

まずは既存カーペットとフェルトを撤去、清掃。

001(プツプツ残っているのがラテックス)

この施工方法なら普通フェルト部分にはラテックス(フェルトの接着剤)

は使用しないのですがラテックスで止めてあったのでそれも除去。

完了後、カーペットを敷きのばしてからハイクッションを敷き込みます。

ハイクッションは折返し施工では主流の下地材です。ラッテックスは使用しません。

ハイクッションのジョイントはクラフトテープで繋ぎます。

003 004

ハイクッションを敷き詰めたらカーペットを広げてジョイントをシーミングテープで

繋げます。シーミングはカーペットの裏に接着剤の付いたテープを入れて接着剤を

専用アイロンの高温で溶かしてカーペット同士を繋げる作業です。

006 008

ここからが普段とは違う作業になってきます。

シーミングが終わると今度はカーペットを折り返すのでハイクッションの余分な

壁際部分をカットしますが、カーペットを折り返す分だけです。

011 012

そしてカーペットも折り返す部分以外はカットします。長すぎるとハイクッションと

重なってしまい短いと仕上がりがへこんでしまいます。

009

カットが終わればカーペットを少し裏返しラテックスを折り返し部分に塗布します。

010

ラテックスのオープンタイムが終われば折り返し接着して仕上げていきます。

014 018

しっかり圧着して完了です!

015 016

綺麗な仕上がりです!(^^)!

基本置き敷きなので下地を痛めることが無いので原状復旧も簡単です。

ただ、部屋の真ん中だけ等は厳しいですね動いてしまう可能性があります。

部屋の半分だけなど見切りが無いとカーペットの折返し分の厚みが出てくるので

注意が必要です。

 

 

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

お電話でのお問い合わせ/06-6491-7922(受付時間:平日10:00~18:00)

WEBからのお問い合わせ/お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">