屋根瓦の葺き替えリフォーム

ここ数十年で日本各地で大地震や天災が多発して家屋の倒壊が数多く見られます。

阪神淡路から耐震補強や家具の転倒防止の対策など住宅の考え方が

大きく変わってきていて阪神淡路から屋根の重さが重要視されております。

家屋倒壊の大きな要因になるからです。30坪ほどの住宅だと6トン近くなります!

それを地震で揺すられるのだから倒壊要因になるのは解りますよね~号泣

瓦も永久的なものではないので葺き替えが必要です。大きな地震が来る前に

早めの葺き替えも大きな地震対策です!

そして、この度は屋根瓦の葺き替えです!

010 004

既設瓦を撤去していきます!写真右の手前部分の瓦は土を敷きつめていない施工で

この年代で土がのっていないのかと思いきや、その他の屋根にはやはりびっしり

土が敷いてありました~。手前の屋根は増築とのことでした^_^;

この土を撤去するだけでもかなりの軽量化です!

018 037

040

撤去が終わって既設の野地板を補修してその上から新しく野地板を張ります。

051 054

野地板が張り終わればその上に防水シートのルーフィングを張ります。

002 004

ブリキや金物のほか下地材を取り付けて、いよいよ瓦をのせていきます!

ここまで来ると早いです!

007 008

今の瓦は一枚一枚がかみ合っているので単体でずれ落ちないようになっています。

これも震災後にほぼすべてがこの仕様に。

棟の下地を取り付け漆喰を塗り仕上げていきます。

 

022 025

035 036

 

完成です!これでかなりの軽量化になりました!

012 019

この瓦はマルスギのイーグルマキシムで遮熱色を選んでいるのでこの夏の

猛暑にも少しは効果が期待できるでしょう!(^^)!

もともと屋根の上に乗っかっていたアンテナ君は・・・

033

線も繋がっておらずテレビはケーブルとのことでしたので

お役御免で処分となりすっきりしました!

瓦とこの度手入れをした部分に限りですが10年保障です上矢印

このお客様も仰っていましたが、リフォーム業者がよく来ていて

無料で見積するので屋根に上がって見せてくれとか、他では

家の中に入らせてくれと言うような業者がいるようですが

くれぐれも中には入れてはいけません!ご注意を!

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

日除け対策に 外部用 外付けロールスクリーン ”ソヨカ”

5月も終わり暑い日が続いており、今年は猛暑になりそうですね~晴れ

そろそろご自宅の日除け対策を始めておられますか?

毎年、毎シーズン結露やカビ、冷気止めに日除けや熱線カットのフィルムと

悩まされますね悲しい結露対策は以前にもご紹介していますが今回は日除け対策品です!

これも以前に紹介だけさせて頂きましたが、リニューアルしたので改めて紹介します

ニチベイ製の外付けロールスクリーン ”ソヨカ” です上矢印

以前の物よりカラーバリエーションが増え製作寸法が広がりいろんな窓に

対応できるようになりました。

今まで葦簀をシーズン毎に買い替えておられたのですが大きな葦簀を買いに行くのも

処分するのも大変なんですとのことでしたので、是非とお勧めさせて頂きました!

早速ご注文いただき工事着工です!

まずは、下地とブラケットの取付です。

サッシの雨戸の厚みがあり付属のブラケットでは本体と雨戸が干渉して

しまうので、下地補強に木下地を入れて高さ調整し、ブラケットも中くらいの

持出ブラケットをオプションで追加取付しました。

005

 

006-1

下地とブラケットまで取付終われば後は本体を設置すれば完了!

018 011

019

今回は、通風も考えて床に置くウエイトタイプにしました上矢印

これで、当分きつい日差しから守られます!

取り扱いも簡単なので皆様もご検討を!

 

 

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

押入れ床板張替修繕工事

和室の押し入れの床板が腐って落ちてしまっていたので、床板の張替えをします!

001 005

この状況からするとただ腐って落ちたと言うよりシロアリにやられてそうですね~悲しい

最初は小さいほうだけで良いとのことでしたが、これは同時にやりかえてる方が

ベストでしょうねー。

取り敢えず撤去して確認しましょう上矢印

001 002

005 006

やっぱりですねー。横の大きい方も半分くらい侵食されているので

後日部材を揃えてどちらもやりかえです!

055 064

悪い部分を撤去して新し物に入れ替えて、更に補強もしておきます。

それにしても元の床下が汚すぎますな~困ったついでに少し掃除しときますか。

下地が終われば床板を張って雑巾摺を付ければ終了です!

067 069

気持ちよく荷物を収納できます!GOOD

もうすぐ梅雨の季節もやってきますが、一時の雨漏れや常に湿気のたまるところは

シロアリさんやカビによる腐食にご注意ください!

 

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

研究所、工場のアルミ製間仕切

間仕切工事はスチール製やアルミ製があり今回は既存と同様の

アルミ製での工事です。

通常は間仕切りを建てて部屋を完成させてから荷物の移動や搬入になりますが

間口より大きい物は予め荷物を先に搬入設置してから最後の間仕切を建てて蓋をする

感じで工事完了になるケースもあります。

この度の工事は、もともと間仕切が出来ていた物を1面のみ撤去してあって

そこに什器を設置後に撤去した1面を復旧する工事です。なので、、、

要は、既設と類似の商品で間仕切1面を復旧して両開きのドアを付ける工事です。

まずは既設の間仕切の中途半端に撤去した跡を高速サンダーで切断して

不要なものを取り除きます。

 

004a 006b

そこに予め打ち合わせ済みで製作しておいたサッシ枠を取り付けていきます。

柱は70角のブロンズ色を使用。

008 009c

製作済みなのでスムーズに作業は進みます!建具も吊り込み完了

半日でほぼ形が完成!(^^)!

これであとはアルミパネルをはめ込みしていきます。ドアは左側のみに

アクリルパネルを使いのぞき窓を付けます。

011d 014e

パネルがはめ終わればコーキングを打てば工事完成です!

 

017 022f

既存との色ともバッチリ合っています!初めからこの形であった様です(^^)v

御見積のご依頼で現場にお伺いして1日(2時間程度)

御見積りが出来次第お渡しとご説明。見積では想定範囲での見積なので

材料をすぐに発注できる精度の寸法取りはしておりませんので

発注を頂いてから製作寸法や日程等の細かな打ち合わせで1日(2時間程度)

させていただき材料の発注となります。実際の施工は朝9時から17時くらいで

完了です。ご依頼から商品製作の時間が必要ですので日にちに余裕を持って

お早目のご依頼をお勧めいたします上矢印

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

ベッドマットの補修 板、生地張替

某社員寮のベッドマットの補修がたまに入ってくるのですが、

独身者用ワンルームのベッドで、これが結構汚れてシミになっていたり

悪い物は板が割れてしまっているものまで号泣

丸ごと交換すれば簡単なのですがなかなか同じものが存在しません。

修復不能なものは大工さんに同じものを製作てもらうしかないのですが

少々の物は補修します。

今回の物は、板が割れてしまっていて穴が開いていましたが

枠や骨組みはまだまだ丈夫だったので補修することにしました。

006   007

004   003

生地をめっくって見ると一度一部を補修していてその弱くなってるところから

割れ落ちているようでした。

今回は全面の板をはがして新しい板を張替ます。

まずは、板の撤去です。

001   002

大きさを測って厚み4mmのベニヤを切ってタッカーで止めていきます。

008

板張りが終わったら痛んでいたスポンジも新しい物に交換です。

009   010

最後に生地を張りかえれば作業終了!

001   002

スポンジも生地も張り替えてクッションも良く新品同様ですGOODスマイル

 

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

搭屋のスチールサッシのリフォーム

この建物自体がかなり古くなっていて今ではあまり見られない引き戸です。

戸車が壊れていて、男でも開け閉めが両手で力を入れないと出来ないほど(・_・;)

屋上に物干しスペースがあるのですが、これでは毎日嫌になるのもわかります。

引き戸の塗装もボロボロなので、アルミの引き戸に交換です!

まずはスチールのクソ重たい引き戸を外して撤去です!

写真撮り忘れたのでこんなのしかなくてすみません((+_+))

081    082

017 020

そもそも開口の高さが低くてさらに外部側の庇も開口に合わせるようにギリギリに

なっているので新しくするサッシもこの大きさの中で取り付けるしかありません。

既存のサッシ枠を解体すると大事になるので、今回もやはり

カバー工法なのですが・・・・。

少しでも開口が広くとれるようにアルミサッシの枠を加工しておきます。

予め採寸して工場加工しているので、現場当日の施工は順調スピーディです!

 

029 023

026 028

当たり前ですがスムーズな開け閉め!以前が驚くほど重たかったので余計に感じます

結構みなさん我慢されていたようで、すごく喜んでいただけました!(^^)!

工事費の金額だけを聞くと高額な感じがしますが、実際カバー工法ではなく

ハツリ解体からの金額を試算すると選択の余地は無いくらいの金額差です。

ぜひ参考に見積だけどもどうぞ!(^_^)

 

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~
有限会社 サンアイ
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目17-28
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298
=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ
2 / 121234...最後 »