リビング階段からの冷気対策!で+αの効果も・・・

リビングにある階段から冷た~い冷気がジャンジャン降りてきて

リビングで寒くて寛げないと聞いていたので何か良い対策は

無いかと考えていました。そこで思いついたのが、

カーテンで冷気をある程度遮断できないかと思い、

提案し取り付けてみました。(^o^)/

施工前寒い階段

ブラケット取付ブラケット取付

このような階段の内側にカーテンレールを取り付けて、

カーテンを取り付けるのですが・・・・普通にカーテンを取り付けると、

生地の裏面がリビング側に来てしまいますし通常のカーテンレールだと

コーナーの内側の隙間が大きくなってしまいます。

なので、レールもI型レールで極力壁の内側を這わす様に付けて、

取り付け位置もリビング側からレールがあまり見えないように

極力高めで取付ました。

カーテン縫製をハトメ加工でSカンリングで取り付けると、

裏表がてれこにできるのでリビングから表面にすることが出来ました。

イケヤの生地イケヤの生地

ハト目 Sカンフック階段裏側

タッセル使用寒くない階段寒くない階段

オシャレ生地で良い感じです!\(^O^)/

今回の生地はイケアで購入された生地で加工のみ業者さんにお願いしました。

(持ち込み生地は縫製に失敗すると生地が不足したりするのでお客様の

迷惑になることがあるので、あまりお勧めはしないとのことです。)

開けておくときは、タッセルでたくしあげる様に掛けてしまえばすっきりします。

取り付けて効果を確認しましたが、真下にいても寒くなかったです!

でも、脇の方からはジワジワ出てましたが、

今までのように風が当たっているような寒さは無くなったそうです。

それと、リビングでのテレビの音や生活音が2階に響くのも少なくなったようです!

思わぬ良い効果でした。

音の方が気になる方は遮音カーテンにすると効果絶大かも・・・

今回の工事で、レール代と工事費で¥20000で、+αカーテン代金です。

壁を造ったり、ドアを新設することを思えば、低予算でこの効果であれば

納得できそうですね。悩まれている方一度ご相談を!

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

洋室のカーペットからフローリングに貼り替え

一時期は洋室と言えばカーペット敷きが主流という頃がありましたが

家ダニやホコリなどでシックハウスや喘息など色々問題視され

少しずつカーペットの割合が減ってきていますが、カーペットも

肌触りがよくフェルトグリッパー施工だとフカフカで足触りも良く

寝転んでも気持ちがよいです。・・・・が、物をこぼすと掃除が大変です。

ともかく工事です!(^o^)/

まず、既存カーペットとフェルトとグリッパーとソフト巾木を撤去します。

既存カーペットカーペット、フェルト撤去

グリッパー ソフト巾木撤去完了

フェルトグリッパーのカーペット張りはまず下地の壁際に

グリッパー(カーペットを引っ掛けるためのもの)を付けて、その内側に

フェルトを敷き詰めてカーペットを敷きます。それらを撤去すると上の写真の

様になります。その後下地を調整してマンション用直貼りフローリングを

接着剤で貼って出来上がりです。

 

永大 ダイレクトエクセル45

 

beforeafter

フローリングは掃除は簡単!クイックルワイパーなる物でひと拭きでほこりが取れる

飲み物をこぼしても早めに拭けばシミも残らないけど・・・

重い物を落としたりすると傷がついてしまったり、張り替えるのはカーペットよりは大変かも・・・

でも、フローリングの見栄えはやっぱり良いですよね~

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

和室の砂壁、ジュラク壁、綿壁からクロス張り

和室の古い壁でアンダリアの張り替えを紹介しましたが

今回は、砂壁いわゆる入洛壁の左官仕上を撤去して

クロス張りにリフォームしたのを紹介します。

施工方法も色々ありますが、既存のジュラク壁を撤去せずに

その上からベニヤ板を貼ってからクロス仕上とか

既存のジュラク壁を撤去せずにその上から専用のパテを前面に

塗布(全面パテ扱き)してからクロス仕上が代表的な方法ですが、

今回はジュラク壁をまずは撤去です!

ジュラク壁ジュラク

スクレッパージュラク撤去

これくらい取る

こんな感じで撤去終了です!結構大変です(^_^;)

今回は水を使って濡らしてませんが、砂埃が気になったりめくれにくい場合は

水で濡らしたり、専用の剥離剤をつかいます。多少入洛は残っても大丈夫です。

このままでは、ザラザラで下地の状態も悪いのでクロスが貼れるように

全面パテ扱きです!

全面パテ3回扱き

これも、結構大変です(^_^;)2回に分けて全面扱きをしたら、

完全に乾くのを待って、サンドペーパー等である程度表面を平滑にしたら、

仕上げのクロス張りです。

クロス張り綺麗です~

メチャメチャ明るくなりました\(^o^)/並べて比べてみると~

暗~い感じ明る~い!

これで、砂もパラパラ落ちてこないしもたれたり、触っても大丈夫!!

悩んでおられる方は是非ご検討を!!

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

ノンスリップ金物の取り替え工事

最近マンションの階段では需要が減ってきましたが、やはり階段の滑り止め

と言えばノンスリップ金物のタイヤ付です。金物も20年近く経つとタイヤの

ゴムもへたってきて金物ごと交換か、流行りのノンスリップシートにしてしまうか

オーナー様の悩みどころの様です。今回は、既設の金物撤去処分して

ウレタン防水をした後に新たに金物を取り付ける工事でした。

施工前施工前

まずは金物撤去です!

ノンスリップ撤去RIMG0220

ここから防水屋さんの出番です。綺麗に掃除して

下塗り、中塗り、仕上げのトップを塗って完成!

ウレタン防水ウレタン防水

そして再び金物屋の出番です!新しい金物を穴を開けて取付て

タイヤのゴムをはめて完成です\(^O^)/

ノンスリップ取付 アサヒ工業ノンスリップ 黄色いタイヤ

ゴムの色は、目立つように黄色になりました。以前の色の時より

足元に注意が行くようになって事故やけつまずきが減れば良いのですが。

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

浴室のタイル割れ補修工事

最近では戸建でもユニットバスが主流ですがやはりこだわりをお持ちの方は

タイルや石貼りであったり、中にはヒノキ風呂が良いとおっしゃる方もいます。

やはり気密性や、手入れのしやすさ、浴室暖房付きなど機能性を重視されて

ユニットバスになりがちですが20~30年ほど前は、

ほとんどがタイル貼りでした。その古くなって割れたり欠損したタイルの

補修がたまにやってきます。

タイル割れタイル割れ

古いものはやはり廃番や規格外になっていたりで同じ物が無かったりします。

目地の色も特殊な色は合わせるのが大変です。号泣

この現場のタイルも廃番で、タイル屋さんに取置きの品物がありました。

目地の色も赤茶色でこんな色が無いので合わせるのが大変でした。(^_^;)

 

目地色 調色INAX 

タイル屋さんに頑張っていただき補修したのが判らないくらいになりました。

(^0^)v

気になるタイルの割れや目地の欠損は早めに直しておかないとそこから水が廻って

下地の木などを腐らす原因になりかねないので気を付けてください!

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ

キッチンのシンク下収納の底板修理

キッチンの収納なのでなかなか収納物を全部出して掃除出来ないし

底板の状況なんて判りませんよね~悲しいいざ引っ越しって時に物を出して見たら

”アッチャ~”号泣なんてことも、やはりステンレスの板でも長年に渡り醤油や調味料が

こぼれたままになっていたりすると腐食して手の施しようが無くなってしまいます。

ステンレス 腐食メラミン合板

最小限の補修にすると、錆を出来るだけ落としてからその上からメラミンなどの

合板を貼り付けて廻りをコーキングでシールしてしまうのが一番早く安上がりです。

見た目も真っ白で清潔感があって見違えましたGOOD

 

有限会社 サンアイ・インテリア
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知1丁目19-5
TEL:06-6491-7922 FAX:06-6492-1298

カテゴリー: 社員Blog | コメントをどうぞ